最上鴨

【環境】
日本屈指の豪雪地帯で、山形県で最も人口の少ない『大蔵村』で飼育しています。

【飼育】
最上郡内で生産される『飼料米』を肥育状態に合わせて与えています。飼料米を与えることにより、脂身の旨味(甘味)が増し、赤身の肉質が柔らかくなります。 75~90日かけて飼育します。状態の仕上がったものから選別し、自社で屠畜します。

【食肉処理】
屠体の状態に注意しながら、部位毎に仕分けし1日冷蔵庫で寝かせます。その後、残毛を一本一本手で処理します。 『脂・赤身・艶』など見ながら品質が良いものだけを出荷します。

【美味しい理由】
経験やデータを部門ごとに情報共有し、飼料バランスや飼育環境を肥育状況で変えています。1~3次産業まで携わることで、高品質な鴨肉の生産が可能になりました。

INFORMATION

  • 令和2年8月20日
    10%OFF!クーポンを発行しています。購入画面で「 lovecamo9 」を入力してくだい。
  • 令和2年5月13日
    先着100名様にお得なクーポンを配布しています!詳しくはブログをご確認ください。
  • 令和2年5月14日
    お問い合わせは、当販売サイト内に表示されている「ショップに質問する」をご利用ください。

稀少な国産鴨

PRODUCTS

BLOG